大型自動2輪取得への道6

2006.07.23 Sunday

0
    本日卒業検定でした!なんと1番目の走行である、バイクに乗るところから採点でスタンドをはらう前に乗りそうになり、オットと思いやり直して少し落ち着くミラーを調整し後方確認ウィンカーを点け発進、まずスラロームは問題無く規定秒数だなと思いつつ、1本橋へ落ちなければ減点だけなのですいーと行ってしまう完全に速い、S時・クランクと次の波状路の手前でよろめくがなんとか立ちあがってクリア、踏み切りは停止線ギリギリでSTOPあぶなかったー、そして急制動はなんなくクリア、急制動は今まで最高の出来エンスト無しだし。
     次はコースに出て法規走行、信号が赤で先頭車両なので青でも左右確認し思いっきり首を振る、直線規定の35kmをクリアしポンンピングブレーキで減速し2速に落す、坂道発進して2輪コースへ戻り終了、いけてる感じはあるがまあネ−、結果を待つこと1時間30分、教官が入ってくる固唾を飲む生徒達「大型の○○さん・○○さん」名前が呼ばれないウッ、「教室の外に来て」ムッムッ、落ちた人に教習簿を返している・・・というこは、受かったようだホットする。
    教官からのありがたいお言葉「一本橋3秒足りない、中型じゃないんだから、それと55番曲がる時寄せてないし、後方確認してない!!」とお叱りを受けるが合格したので何言われてもへっちゃらです!!
    その足で行き付けのBIKEHOUSE Hit'sへバイクが見つかっていました!
    つづく・・・